薬剤部門

病棟薬剤室

全病棟を対象とした病棟薬剤業務と、入院患者さんへの薬剤管理指導業務を行っています。また、病棟における医薬品の適正な保管・管理の教育・指導も行っています。各種教室、各種カンファレンスへ積極的に参加し、医師、看護師、コメディカルスタッフと連携を取りながら業務を行っています。

病棟薬剤室・手術薬剤室

病棟薬剤業務

病棟で看護師と

全病棟を対象として担当薬剤師を配置し、入院患者さんの安全な薬物治療のために薬学的な視点から治療に携わっています。入院時には、今までに使用していた医薬品や副作用歴、アレルギー歴などの基本情報を収集し、持参された薬の確認を行い、必要な情報を医療スタッフへ提供します。また、入院中に投薬される内服薬、外用薬、注射薬など医薬品の投薬状況を把握し、薬の相互作用のチェック、副作用のモニタリングを行うなど、安全な薬物治療が行われる様に総合的な関与を行っています。

また、各種カンファレンス(NST、緩和ケア等)への参加により、医師、看護師、コメディカルスタッフと連携した薬物療法の提供を行っています。

病棟における医薬品の適正使用への取り組み

病棟において、医薬品が適正に使用・保管・管理されるよう、医療スタッフへの教育・指導を行っています。定期的に医薬品が適正に保管・管理されているかチェックを行っています。また、看護師向けの薬剤の勉強会や、他の医療スタッフと共に入院患者さん向けに教室を開催したりしています。