薬剤本部

病棟薬剤室

全病棟を対象として、入院患者さんへの薬の説明や病棟での薬の管理に関する業務などを行っています。各種教室、各種カンファレンスへも積極的に参加し、医師、看護師、コメディカルスタッフと連携を取りながら業務を行っています。

病棟薬剤室・手術薬剤室

病棟薬剤業務

病棟で看護師と

各病棟に担当薬剤師を配置し、病棟において医薬品が適正に使用・保管・管理されているかを確認したり、入院患者さんの安全な薬物治療のために薬学的な視点から治療に携わっています。

患者さんが入院された際には、今までに使用していた薬の確認や副作用歴、アレルギー歴などの基本情報を収集し、必要な情報を医療スタッフへ提供します。また、入院患者さんに安全な薬物治療が行われるように、入院中に投薬される内服薬、外用薬、注射薬などの投薬状況を把握し、薬の相互作用のチェック、副作用のモニタリングを行っています。さらに、直接入院患者さんのベットサイドへ伺い、服用している薬の説明、副作用状況の確認、吸入薬の手技指導等を行っています。安心して積極的に治療に参加していただけるように、医薬品に関する質問や相談にも対応しています。

NSTや緩和ケアなどの各種カンファレンスへの参加により、医師、看護師、コメディカルスタッフと連携したより良い薬物療法を目指しています。

救命救急センター業務

救急救命センターに運ばれてくる患者さんの持参された薬剤や健康食品を確認し、これらの副作用が病気に影響を及ぼしていないか、飲み合わせに問題がなかったかを調べています。また重篤な患者さんに緊急で使用される薬剤について、お薬の処方設計や提案をすることで安全に使用できるように携わっています。

患者さん向け行事・教室

入院患者さん向けの糖尿病教室、心不全教室、ワーファリンクラブなどでお薬のお話や相談を行っています。また、ほかの医療スタッフと共に外来患者さんや地域の方へ開催している胃がん患者会、乳がんサロン、肝臓病教室、 わが街健康プロジェクト。などにも積極的に携わっています。
※胃がん患者会、乳がんサロン、肝臓病教室の開催については、 院内行事・研修会のご案内をご覧ください。