文字サイズ変更

文字サイズの変更方法

小宮先生外来[get_image]
来院される皆様へ

入院のご案内(入退院の手続き)

入院当日にお越しいただく場所

心臓病センター地下1階「B-85」にお越しください。

入院当日にお持ちいただくもの

  • 診察券
  • 健康保険被保険者証(お持ちのものすべて)
  • 限度額適用認定書(お持ちの方)
  • 紹介状(お持ちの方)
※医療安全のため、入院の際はお名前を印字したリストバンドを装着していただきます。 心臓病センター外来心臓病センター地下受付

入院生活に必要なもの

【アメニティセット】

当院では、入院患者さんとご家族の利便性向上のため、アメニティセットのご利用を推奨しております。詳細は入院説明時にお渡しする「アメニティセット申込書兼同意書・アメニティセットのご案内」をご参照ください。アメニティセットのラインナップ、価格(税抜き)は下記のとおりです。

基本セット<Aタイプ> …1日435円

雑貨 病衣

※ 内容・銘柄については変更となる場合があります。

  • 病衣(パジャマ・甚平・浴衣・介護つなぎ・マタニティドレス・小児用甚平)
  • ティッシュ
  • コップ(食後のお茶はお配りしていません)
  • ウェットティッシュ
  • 歯ブラシセット
  • 箸・スプーン・フォーク3点セット
  • ヘアブラシ
  • ストロー
  • タオル・バスタオル
  • ボディソープ
  • リンスインシャンプー
  • 入れ歯洗浄剤・入れ歯ケース 
  • マウススポンジ 
  • ボディタオル 
  • リップクリーム
  • 吸い飲み

* は必要な方にその都度、それ以外はすべての方に提供します。

 

おむつセット<Bタイプ> …1日470円 おむつセット<Cタイプ> …1日370円
  • 紙おむつ(テープ式を使用される方) 
    パンツ式・テープ式・尿取りパッド
  • 紙おむつ(テープ式を使用されない方) 
    パンツ式・尿取りパッド

※ アメニティセットを申し込みされない方は、チェックを入れてご自身で準備をお願いします。 
私物につきましては、紛失された場合は補償しかねます。

全ての患者さんにご自身で準備いただきたいもの

  • お薬手帳又はお薬説明書・日常飲んでいるお薬 
    ※ご自宅にある服用中の薬をお持ちください。
  • 入院ファイル・提出書類
  • 肌着
  • 上履き(滑りにくいもの)

※上記のほか、特に必要なものは別途ご連絡いたします。
※盗難事故防止のため、多額の現金、貴金属は持ち込まないでください。また盗難の際の責任はおいかねます。
※その他日用品などは、院内のショップにて購入することも可能です。
※特室を除いた全室に、床頭台ユニット (テレビ・DVD・冷蔵庫・セーフティーボックス)を設備しています。電気機器使用量として1日あたり330円(税込)をご負担いただいております。床頭台ユニットをご利用されない場合は、「床頭台ユニットの利用を希望しない依頼書(水色の紙)」をスタッフステーションにお出しください。電気器具のお持ち込みは原則として禁止していますが、特別の事情のある場合はスタッフステーションへお申し出ください。


ご入院の皆様にお渡ししています『入院のご案内』のご紹介

ご入院の患者さん皆様にお渡ししている『入院のご案内』に綴じられている用紙についてご案内いたします。

入院のご案内セット

・ピンクの用紙(必ず提出していただく書類)
入院申込書および保証書、ご入院される方へお伺いしたいこと、病衣(寝巻)のご利用について

・ブルーの用紙(申請が必要な場合に提出していただく書類)
駐車場のご利用について、病衣(寝巻)利用中止申請書、床頭台ユニットの利用を希望しない依頼書、見舞い客お断り(案内しない)依頼書、文書証明申込書

・白の用紙(お読みいただく文書)
病室案内、入院診療費のお知らせ、診療明細書の発行について、医療費自己負担額についての制度案内、入院期間が180日を超える入院に係る医療費の改正について

病棟に下記をご提出いただきます。

  • 「入院申込書および保証書」
  • 「ご入院される方へお伺いしたいこと」
  • 「病衣(寝巻)のご利用について」
  • 「床頭台ユニット(テレビ・冷蔵庫・DVD)利用について」
  • 申請が必要なら提出していただく書類
  • お薬手帳、お薬説明書など
  • 日常飲んでいる薬 (当院や他院で処方されている内服薬・自己注射をしている注射薬・吸入薬・目薬・軟膏など)
  • 室料差額の同意書 (入院後、室料差額病室に入院された方には同意書をお持ちします)
重要なお知らせ

standing contents

主任部長から患者のみなさまへ

主任部長から患者のみなさまへ

循環器内科ウェブサイト