放射線センター

消化器系撮影室 

概要

消化器系撮影室は、X線透視撮影装置を使用して検査を行う検査室のことで「TV室」とも呼ばれます。検査室は臨床検査棟1階1-54にあり、23番透視室、24番透視室の2台のX線透視撮影装置を配置しています。
これらの装置には最新のフラットパネルディテクタ(平面検出器:FPD)システムが搭載されています。従来のI.I-DRシステムより高画質、高精細な画像が得られ、中心から周辺部まで画像の歪みがありません。
検査としては食道の嚥下造影,胃癌術後の吻合部の確認などの消化管造影,関節造影,神経根ブロック,脊椎ミエログラフィーなどの脊髄腔造影等の整形外科領域の造影,腎生検,瘻孔造影等の様々な検査を行っています。
装置はキヤノン製 Winscope 600FPDUltimax FPDを配置しています。

X線TV検査とは

X線TV検査は、X線で体内を透視し、撮影を行う検査です。単純の撮影では見えない臓器を造影剤というお薬を使用し形態、機能などを動画でリアルタイムに観察することができます。また、内視鏡や超音波を併用しながら検査を行う場合もあります。

代表的な検査の流れ

腰椎ミエログラフィー

  1. 検査台に上がり、うつ伏せに寝ます。
  2. 腰に麻酔をします。
  3. 透視の画像を確認しながら針を脊髄までさします。
  4. 針から造影剤を注入します。
  5. 体位を変えて腰椎の画像を撮影します。

    ここまでがTV検査室で行う検査です。

  6. CT検査室で腰椎のCTを撮影します。

CT検査画像