放射線センター

3Dラボ室

概要

検査内容に応じて立体的に観察できる3D画像の作成をおこなっています。3D画像は、手術前に病変と血管、臓器等の位置関係を知ることができ、手術計画の立案や手術シミュレーションなどの手術支援システムにも利用されます。また、ロボット手術のための手術支援画像の提供や、3Dプリンタによる実物大臓器立体モデルの作成など、患者様への高度先進医療の提供に役立てています。

脳外科術前3D

脳外科術前3D

腎癌術前画像

腎癌術前画像