放射線センター

放射線安全管理室

管理室概要

当院は2016年3月に医療被ばく低減認定施設として認定されました。医療被ばく低減認定施設は、日本診療放射線技師会の「安心できる放射線診療」を国民の皆様へ提供するための事業として設けられています。放射線安全管理室は、単純X線撮影やX線CT検査などの放射線を用いた機器の点検・管理状況をまとめ、定期的に各機器の線量測定を行っています。

医療被ばく低減施設

X線CT装置における線量測定(半年に1回)

X線CT装置における線量測定(半年に1回)

線量管理システム

015年6月,本邦における診断参考レベル(Diagnostic Reference Levels:DRLs)が公表されました。当院は,全ての放射線検査について実際の検査に照射された線量を収集し,管理することを目的として線量管理システムを導入しました。線量管理システムから得られた情報を解析し,放射線診断科医と診療放射線技師で連携してさらなる被ばく低減・最適化に努めていきたいと考えています。