手術センター

スタッフ紹介

麻酔科医師

安全、安心な周術期全身管理を目標に

麻酔科部門は、主に手術室や集中治療室における麻酔、全身管理を行っています。近年、高齢者や各種合併症を持つ患者さんが増加する傾向にあります。術前の患者さんの状態を把握し、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、神経ブロックなどを選択し組み合わせることによって、よりストレスをかけない安定した麻酔を個々の患者さんに応じて計画、実践しています。また、術後に至るまで全身管理、疼痛管理を行い、患者さんにとってより安全、安心な周術期全身管理を目指しています。
さらに、地域の拠点病院として、24時間体制で緊急手術対応を行っており、緊急時にも安全、迅速な対応を心がけています。

麻酔科紹介Webサイトへ

看護師

手術センターでは「チーム力」が大切
周術期医療の中で、要となれる手術室看護医師に

手術センター 統括看護師長 山本 千恵

手術センター 統括看護師長 山本 千恵

私たちの手術センターは、地域の拠点病院であり、急性期を標榜した総合病院のなかにあります。
24時間体制の救急センターからの緊急手術の受け入れとともに治験手術など先進的取り組みも行っています。
2012年には、手術看護師が中心となったPMT外来もスタートしました。
いろいろな課題もチームワーク良く取組み、信頼できる看護チームです。
多職種でのチーム力が大切な手術室にいるからこそ、周術期医療の中で要となれる手術室看護師でありたいと思っております。
今日も明るく元気にがんばってます!

薬剤師

麻酔科医支援を軸に支援体制を構築
高度な薬の専門知識で、術前から術後まで支援

臨床工学技士

薬剤部は、麻酔科医支援を軸に組織での支援体制を構築し、各部署と連携して業務を行っています。

注射薬調剤室、医薬品情報室、薬品管理室等と連携し、手術センター内の麻薬、毒薬、向精神薬、特定生物由来製品の管理、心臓血管外科で術中に使用する薬剤の混合調製、PMT外来における持参薬の鑑別から術前注意薬の情報提供、麻酔で使用する医薬品(注射、輸液)のカートへのセット等を行っています。 医薬品の管理に必要なシステム(リテラシステム)も導入し、業務を行っています。

薬剤部紹介へ

臨床工学技士

臨床工学技士

現在、9名の臨床工学技士が人工心肺装置を始めとする生命維持管理装置やあらゆる医療機器の操作・管理を行うプロフェッショナル集団として専属で活躍しています。

迅速なトラブル対応

手術領域では、様々な医療機器が使用されています。そうした機器にトラブルが発生した際、手術進行の妨げにならないよう連携を取りながら迅速に対応しています。

安全に使用する為の充実した点検

手術センターに常備されている200台以上の医療機器に対して、年間300件を超える定期的な点検と、手術の使用前・使用後に点検を行うことにより安全かつ安心して使用できるように努めています。

24時間 on call 体制

心臓血管外科をはじめとするすべての診療科において、緊急手術、手術中の機器トラブル対応を24時間 on call体制でサポートしています。

スタッフへの医療機器勉強会実施

手術センターのスタッフに対し、医療機器に対する不安や嫌悪感を少しでも解消してもらえるよう定期的に勉強会を開催しています。

医療専門認定士(体外循環技術認定士、臨床ME専門認定士、etc )

専門的な知識と技術を身につけた認定士が所属しており、各分野において実力を発揮し活躍しています。また最先端の知識や技術を身につけるために学術活動なども積極的に行っており日々成長できるよう邁進しています。

臨床工学部紹介へ

診療放射線技師

臨床工学技士

手術を支える、放射線のスペシャリスト

我々、日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師は、IVR(Interventional Radiology:X線透視やCT等の放射線診断技術を利用した血管内治療)が円滑に行えるようにサポートしています。

  • 血管解剖・血行動態を熟知し、IVRが適正に行えるように、X線撮影・造影技術を提供しています。
  • 術前術中の血管計測や3D画像作成等、IVRが正確に行えるように、画像処理技術を提供しています。
  • Alara(as low as reasonably achievable:合理的に達成できる限り低く)精神の下、IVRが安全に行われるように、被曝低減技術を提供しています。

日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構

その他の手術を支えるスタッフ

中央材料部

手術で使用した器械の洗浄や組み立て、滅菌する業務を担当しています。
それぞれの器械にあわせた適切な洗浄・滅菌方法を選択し、常に清潔で安全な器械を手術に提供してくれています。

資材部

手術室で使用する資材の物品管理を担当しています。術式に合わせた個人カートへの必要な資材をピッキングしているので、常に必要な資材がそろっています。

清掃スタッフ

手術終了後の室内の清掃や次の手術に向けた準備、搬送業務を担当しています。
プロの手で清掃を行うことで、患者さんをお待たせする時間も短くなり、より清潔な環境で患者さんを迎えることができています。

事務

受付業務や入力作業、手術伝票の間違いのチェックなど多岐にわたる業務を担当しています。手術室の受付で、笑顔でお待ちしています。