眼科

当科の特色

主任部長 西田 明弘

主任部長 西田 明弘

当科の診療圏は岡山県下はもとより福山をはじめ広島県東部、島根県や四国に及びます。対象疾患は、白内障をはじめ網膜硝子体疾患、黄斑疾患、糖尿病眼合併症、緑内障、眼外傷、角膜移植など、眼科疾患全般に及びます。手術は、白内障手術、硝子体手術、緑内障手術などを多く行っています。レーザー治療は、通常のレーザーのほか光線力学的療法(PDT)による黄斑疾患の治療も行っています。従来から当科は眼科の急性期病院、最終病院としての機能を担ってきました。緊急に処置を要する疾患に対応していること、他院からの紹介患者が多いこと、重症例が多いこと、総合病院の利点を生かして他科との協力のもとに全身疾患の合併例などを受け入れていることなどが特徴です。なお、当科受診の際には紹介状を持って受診していただくことをお願いしています。

日本眼科学会の眼科専門医研修制度の見直しによって、専門医の資格取得の要件として日本専門医機構の認定を受けた施設で研修を行うことが必要となりました。施設認定要件には眼科専門医資格を持つ指導者複数名が必要で、大学病院以外の市中病院で認定を受けているのは全国的にも少数です。当科はこの「専門研修基幹施設」に認定されており、眼科専門医の教育にも努力しています。

アイセンター

2013年8月から、アイセンターを開設し運用を開始しました。このアイセンターは、手術室3室、術前準備室兼術後リカバリー室、術前合同説明室、診察室、受付を含む施設で、眼科の手術は入院外来ともにここで行うようになりました。

設計に際しては、院是の「患者本位」の思想のもと、患者の皆様に安心して手術を受けていただけるように、人に優しい設計を心掛けました。ドアや壁面には木製の倉敷格子の意匠を用いて、暖かい印象にしています。術前準備室兼術後リカバリー室には、手作りの色ガラスによるステンドグラスの窓を設えました。手術室の壁は、冷たい印象を避けるために木目模様にしています。

アイセンターの稼動によって、入院外来ともに眼科の手術を受けられる方はすべて、手術室に隣接した術前準備室兼リカバリー室で術前準備と術後安静を行うようになりました。術前準備室兼リカバリー室では、ご家族の方1名が付き添っていただくことができます。患者さん、ご家族の方への術前説明等も、落ち着いた環境にあるアイセンターで行ってゆきます。アイセンターの開設によって、手術説明や手術準備から術後安静への流れが改善され、患者さんやご家族が安心して快適に手術を受けられるようになりました。