病理診断科

当科の特色

基本診療方針

病理診断科は、診断部署として以下の業務を行います。

病理診断科 能登原憲司主任部長

能登原 憲司 主任部長

  1. 病理解剖
    年間30体前後です。6か月以内を目処に報告書を主治医に返却します。また、ご遺族に対しては、最終診断報告書をもとに、主治医から説明を行います。院外からの解剖依頼については、原則として本院病理解剖室で行い、同様の経過で報告書を作成します。
    合同慰霊祭は、2~3年に一度、当院大原記念ホールで行います。
  2. 組織検査
    院外を含め年間約15,000件。結果返却は生検の場合2日、手術材料5日を基本とし、外来診療、入院患者さんへの治療を側面から支援します。特殊な検索を必要とする場合にはさらに時間を要しますが、ご容赦ください。
  3. 細胞診
    院外を含め年間20,000件。組織診と同様の日数で返却します。
  4. 術中迅速診断
    年間約1,000件です。時間外も対応しています。
    上記診断の補助手段として、酵素抗体染色、蛍光抗体染色、電子顕微鏡的検索、さらに必要な場合、術中迅速組織での酵素抗体染色も行います。