臨床工学部

医療機器管理室

機器の中央化管理と保守業務

医療機器に関する保守点検や使用説明などの対応を主に担当しています。医療機器関連では、院内で一般的に使用する輸液ポンプ、パルスオキシメーターなど、22機種約3,900台の医療機器を臨床工学センターにおいて中央化管理しており、常に安心して使用できる状態に調整して各病棟に貸出をしています。特に人工呼吸器や血液浄化装置など主要な医療機器については、各室と共に取扱い研修や点検を実施して安全使用に努めています。

また、業務開拓も当室の役割のひとつで、いろいろな分野でチーム医療の一員として何ができるかを検討し、医療安全や医療の質の向上に努めています。その一環として、2014年7月より内視鏡センター業務に関与しています。

医療機器の保守点検や管理

内視鏡センター業務

~2014年より新規業務として開始~

内視鏡センター内にある多種多様な医療機器の保守点検や管理をはじめ、内視鏡検査や治療の業務にも積極的に関与しています。医師が治療に集中できるように、スムーズで安全な介助を心掛けています。

また、カプセル内視鏡に関連した業務では、センサー装着や嚥下介助、撮影された写真の読影支援を行っています。

医療機器の保守点検や管理