救命救急センター

当センターの概要

2013年4月 岡山県5番目の救命救急センターとして認可されました。

総合診療科 福岡敏雄主任部長

福岡 敏雄 主任部長

救命救急センターとは:重症及び複数の診療科領域にわたるすべての重篤な救急患者を24時間体制で受け入れる三次救急医療施設のことです。岡山県南西部では日本でも最も歴史のある救命救急センターである川崎医科大学附属病院があります。川崎医科大学は、広範囲熱傷などのさらに特殊な患者にまで対応できる高度救命救急センターとして認可されています。

倉敷中央病院救命救急センターでは、外来に24時間体制で医師・看護師・事務職員を配置し、救急搬送と時間外受診に対応し、当院各診療科・診療部門との協力の下、いつでもみなさまに安全で有効で満足の得られる医療が受けられることを目指しています。また、救命救急センターには救急用の病棟とICUが併設されており、より迅速な対応が可能な体制になっています。救急ICUには24時間体制で救急専従医が常駐しており、複雑で重篤な病態にも迅速に対応することができます。

また、当院の全診療科の協力を得て、軽症から重症までのすべての救急患者に、24時間365日安全で最適な医療を提供することを理念としています。

受入数などは、「 診療内容・実績 」の項目をご覧ください。

救急隊との連携も進み、救急現場への直接指示が可能なホットラインによるメディカルコントロール体制を整備しつつあります。また、近隣救急隊と合同の救急事例検討会も開催しております。自然災害時や多重傷病者発生時には災害拠点病院として、災害医療の要としての働きを担っています。
さらに、医療系学生、研修医、消防隊員、救急救命士など、各種医療職・関連職の教育研修の場としても活用されています。

救命救急センターへ時間外に受診される患者さんへ

倉敷中央病院救命救急センター外来では、24時間体制で医師が常駐しており、救急車の搬送や時間外受診に対応しています。

当院では、はじめて受診される方や予約外で受診される方は、平日の午前8時10分から午前11時まで(土曜日は午前10時30分まで)が受付時間となっています。この時間内の場合には原則として一般の外来での診察となります。

一部診療科では、他医療機関からの紹介患者さんのみの受付となっております。詳しくは、各診療科の受診案内を御確認ください。
救命救急センターでは、まず救急担当医・当番医が診察をする場合が多くあります。必要に応じてその他の診療科の医師に連絡をし、診察・治療に協力する体制を取っています。

救命救急センターに受診いただく場合、以下のことにご留意ください。

ご注意ください

  1. 迅速な対応が必要な他の患者さんへの対応などで、お待ちいただく場合があります。
  2. 急性期の症状への対応が主となりますので、投薬日数は制限されます。
  3. 診断書などの公的な書類は、原則として次回一般外来受診時に発行いたします。
  4. 他の患者さんの緊急手術や緊急対応などで一時的に受け入れられないことがあります。

詳しくは、受診時にご確認ください。なお、救急外来では診療予約は受けておりません。

時間外選定療養費をご負担いただきます(2019年4月15日~)
【金額】5,500円(税込)
【対象】22時00分~翌朝8時30分に受診受付をした方
<対象とならない患者さん>
•他の医療機関からの紹介状を持参されている方
•即日入院となった方
•1歳未満の方
•妊婦の方(当院がかかりつけ、且つ妊娠経過に関係する受診のみ)
•生活保護受給の方

当院は病院を挙げて、あらゆる状況で最高の医療が提供できますように努力しております。しかしながら、時間外、特に夜間はどうしても人手が少なく可能な検査・処置も制限されます。かかりつけの方は、普段から健康状態にご留意いただいて、できるだけ平日の受付時間内に通常の診察を受けられるようにされることをおすすめします。

倉敷中央病院救命救急センター外来では、全診療科が救急診療に取り組み、17名の医師が夜間帯も診療に対応する体制をとっております。しかし、病棟での重症患者さんの処置・緊急手術などの場合、救命救急センターでの診療をお待たせしたり、あるいは対応不能でお断りしなければならない場合もあります。救急外来担当医師による初期診察の上、経過観察をしていただくか他院をご紹介することもあります。事前にお問い合わせいただけますと、その時点における診療体制が確認できます。ただ、ごくまれに状況に急激な変化がある場合があります。

救命救急センター外来にご紹介いただく医療機関のみなさまへ

いつもご紹介いただきありがとうございます。2013年度は5,603人の患者さんを救命救急センターにご紹介をいただきました。
救命救急センターにご紹介いただく場合には、救命救急センターに御一報ください。緊急で当院の受診が必要と思われる患者さんをご紹介の折には、診療時間外であっても救命救急センターに一報を入れていただけると幸いです。

また、それまでの経過や診察などで疑わしい疾患がある場合には、ぜひ疑わしい疾患名をお知らせください。担当する診療科への引継ぎが早くなりスムーズに診療を進めることができます。また、受入に際してもその時点での担当診療科の状況なども踏まえて迅速な対応ができます。紹介状とともに電話連絡をよろしくお願いします。

救命救急センターの目標

受診患者さんが、安全に適切な医療を受けられるように、まず初期対応と適切な振り分けを行うことを目標にしています。その上で、それぞれの患者さんにあった診療を行います。このようなチームの一員となる医療人を育てることも重要な目標です。

この目標を目指して、以下のような体制がとられています。
現在、救命救急センター外来には24時間体制で救急科・総合診療科の救急専従医師が常駐しています。夜間外来は当番医・当直医による対応になります。担当診療科が明確な場合には最初から専門診療科の対応となる場合があります。初期対応は当院の研修病院としての役割上、研修医が行う場合があります。その場合には必ず上級医が診療内容をチェックしています。救急ICUには救急専従医が常駐しており、複雑で重篤な病態の救急患者の診療にあたっています。さらに各専門診療科による24時間のバックアップ体制により専門的治療が速やかに行われるような体制が整備されています。

毎朝、救命救急センターではスタッフによる来院患者の振り返りやカンファレンスを行い、救命救急センターでの医療の質の向上および診療システムの改善に努めています。

救命救急センタースタッフについて

前身の救急医療センターは、この地域の医療需要に応えるべく、当院各診療科の協力のもとに診療体制を充実してきました。2006年に専従医を配置し、その後、さらに組織的な充実を図ってきました。看護スタッフは経験豊富な者が多く、事務スタッフはさまざまに移り変わる状況に対応できる者が交代で勤務にあたっています。

現在では、救命救急センター救急専従医の増員は進み、救急科と総合診療科に救急科専門医取得済みの医師は9名(2014年4月)になり、救急科専門医などを目指す若手が研修を続けています。今後も、日々の努力と精進を重ね、救命救急センターにふさわしい体制とスタッフを整えていきたいと思っています。