整形外科

診療内容

脊椎手術

脊椎(背骨)そのものから起こる首の痛み、背部痛、腰痛、および脊椎の中を走る神経(脊髄や馬尾など)が圧迫されて起こる手足の痛み、しびれ、麻痺などに対して手術を行います。
疾患名としては頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症、環軸関節亜脱臼、黄色靱帯骨化症、脊髄腫瘍、転移性脊椎腫瘍、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、側弯症など幅広く取り扱っています。

  1. 顕微鏡手術
    頚椎椎弓形成術、腰椎開窓術などの手術でも細かい作業を顕微鏡視下で行い、安全性と手術精度を高めています。
  2. 経皮的椎弓根スクリュー
    可能な症例には経皮的に椎弓根スクリューを刺入し、手術侵襲を減らし、腰背筋群の損傷を少なくするように努力しています。
  3. コンピューターナビゲーションシステム
    術前画像から手術のシミュレーションを行い、計画通りに手術操作を行うシステムであるコンピューターナビゲーションシステムを用いた脊椎手術も行っており 、脊椎内固定設置や病変切除を高精度で安全のものにしています。
  4. 術中電気生理学的検査
    後縦靱帯骨化症、思春期側弯などの手術では、術中電気生理学的検査を使用し、脊髄誘発電位、神経活動電位などを測定、術中の神経損傷を回避するようにしています。

関節手術(股関節)

  1. 人工股関節置換術
    人工関節や手術方法の改良により人工股関節の耐用年数が延びたことで、より多くの患者さんに人工股関節置換術を受けていただけるようになってきました。現在も変形性股関節症や、関節リウマチ、大腿骨頭壊死など多くの患者さんに対してこの手術を行っています。
    当科においては人工関節を適切に設置するためのるガイド計の開発や改良を行ってきましたが、平成8年より手術手技にも改良を加え、この方法による術後脱臼は約1%以下となっています。さらに近年は後方の筋肉を損傷しない前方進入の手術も行っており、より安定した人工股関節を目指しています。年齢や股関節の変形の程度はもちろん、患者さんの活動範囲や脊柱の変形なども総合的に検討して手術方法や使用する人工股関節の種類を決定しています。
    人工股関節の手術では、術前貯血による自己血輸血(通常400ml)を行い、同種血輸血(従来の輸血)はほとんど不要となっています。
  2. 骨盤骨切り術
    前期から初期の変形性股関節症に対しては 弯曲状寛骨臼骨きり術(CPO:Curved Periacetabular Osteotomy弯曲状寛骨臼骨きり術)も行います。CPOでは骨盤外側の筋群を剥離しないため、術後の歩行回復が早いというメリットがあります。術後数日で離床し、8~10週程度で全荷重歩行を行います。近年は人工股関節置換術の長期成績が安定し、中期から進行期の変形性股関節症に対しては人工股関節置換術が選択されるケースが増えておりますが、青壮年の患者さんに対してはChiari骨盤骨切り術などの手術もご相談しております。
  3. 血管柄付骨移植術
    初期の大腿骨頭壊死に対しては壊死骨を取り除き、血流の安定した血管付きの腸骨や腓骨を移植します。個々の患者さんの骨形態や壊死範囲に応じて3Dガイドを作成し、これを使用した手術を行うことで従来に比べて良好な成果が得られています。ただし壊死範囲や骨破壊の程度により、手術の対象となる患者さんが限られますので、術前にご相談が必要です。

関節手術(膝関節)

変形性膝関節症に対する手術

  1. 人工膝関節置換術
    変形性膝関節症、関節リウマチなどに対して人工膝関節置換術を行っています。神経ブロックを併用することで術後の痛みの軽減につとめています。セメント使用の人工膝関節置換術では、術後3日目より歩行可能となり、3週間で退院となります。必要に応じて、ナビゲーションシステムを使用します。
  2. 膝半月板手術、靱帯再建手術

    関節鏡視下に行い、早期リハビリを可能にしています。膝半月板手術では、術後2~3日で退院可能となっています。
  3. 高位脛骨骨切り術
    年齢の若い変形性膝関節症の患者さんには、高位脛骨骨切り術を施行しています。これはO脚の下肢をまっすぐにし、体重が膝の中心から外側にかかるようにして膝の内側の痛みを和らげる手術です。

靭帯手術

  1. 膝蓋大腿靭帯再建術
    2回以上膝蓋骨が脱臼した患者さんに対しては、積極的に膝蓋大腿靭帯再建術を行い、脱臼を予防します。
  2. 前十字靭帯再建術
    内視鏡下に手術を行います。患者さんの活動度、行っているスポーツ、仕事の内容に合わせて再建方法を決定します。術後は集中的にリハビリを行い、早期のスポーツ復帰を目指します。

半月板手術

内視鏡下に手術を行います。若い患者さんに対しては半月板縫合術を行い、膝関節機能を温存します。

関節手術(肩関節)

肩関節鏡手術

  1. 関節鏡視下腱板縫合術
    腱板縫合に対して行っています。通常5mm程度の孔を5~6箇所もうけ、断裂した腱板を縫合することが可能です。伝達麻酔(患側の肩から指先だけに麻酔を効かせる)で手術可能であり、手術当日から飲食や歩行が可能です。
    また出血や感染などのリスクはほぼありません。そのため全身状態に不安のある方でも、低侵襲で手術を受けることができます。
  2. 関節鏡下関節唇縫合術(バンカート修復術)
    通常、2回以上の脱臼歴のある方には、脱臼を防ぐ目的で手術をお勧めしています。こちらも伝達麻酔下、関節鏡下に行うことができます。通常は1泊2日で退院となります。
  3. 鏡視下-上方関節包再建術
    修復不可能なほど萎縮してしまった腱板断裂の患者さんに対して行っております。大腿筋膜張筋を採取し、折りたたんで関節内に移植します。リハビリには時間を要しますが、移植した筋膜が生着すれば日常生活やスポーツ活動には制限がありません。
  4. その他
    ● 凍結肩(硬くなって動かなくなってしまった肩関節)に対して関節鏡下授動術、石灰沈着性腱板炎に対して関節鏡下切除術を行う事も出来ます。これらも伝達麻酔下に行っています。
    ● 関節窩の骨欠損の大きな脱臼患者さんに対しては、烏口突起移行術(Bristow法)を行っております。
    ● その他、患者さんに応じて、大胸筋移行術、広背筋移行術などを行い、肩関節機能の再建を行っています。

人工肩関節置換術

詳細は「人工関節センター」をご覧ください。以下、簡単ではありますが説明します。

  1. 人工骨頭 人工肩関節置換術
    変形性肩関節症、関節リウマチ、上腕骨頭壊死などに対して行っております。関節窩の状態や骨サイズに応じて人工骨頭置換術とするか、人工肩関節置換術とするかを決定しております。術後速やかに疼痛が改善します。また適切なリハビリを行えば、可動域の改善が得られるのが特徴です。
  2. リバース型人工肩関節
    2014年4月より本邦でも使用可能となりました。主には腱板が機能していない変形性肩関節症の患者さんに対して行っております。術後の疼痛が少なく、また機能回復が極めて早いことが特徴に挙げられます。ただし、日本整形外科学会が定めるガイドラインの遵守義務があります。通常、70歳以上の患者さんが対象となります。

骨折手術

大腿骨近位(頚部、転子部等)の骨折が約170例と高齢者の脆弱性骨折が増加しています。患者さんの全身状態も考慮して、可能な限り早期の手術や離床を心がけています。大腿骨頚部(内側)骨折では、骨折型、年齢、受傷前の歩行能力等により、骨接合術や人工骨頭置換術の適応を決めています。手術後は地域連携パスを活用して回復期リハビリ施設への転院を進め、歩行の再獲得やご自宅、施設への復帰を目指しています。

  1. 人工骨頭置換術
    通常は骨セメントを使用しない手術を行いますが、骨折のタイプによって骨セメントを使用した手術も行っており、多くは翌日より患肢への荷重が可能となります。術後は早期リハビリと平行して連携病院への転院手続きも開始し、1~2週間で回復期病床に転院し、さらにリハビリを継続いただきます。
  2. 大腿骨転子部骨折(頚部外側骨折)骨接合術
    通常髄内釘(ガンマネイル型)を用いて小皮切での骨接合術を行っています。筋肉の損傷が少なく、手術翌日より荷重歩行訓練開始となります。人工骨頭置換術の場合と同様、約1~2週間で連携病院へ転院してリハビリを継続いただきます。
    高齢者の骨折のみでなく、若年者を含めた上下肢や脊柱の骨折、血管や神経損傷を伴う骨折等に対しても、それぞれを担当する医師が中心となりその治療に当たっています。

手外科 / マイクロサージャリー

手外科は、肘から手指までの上肢に何らかの障害や症状のある、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い患者さんが対象です。すなわち手指あるいは上肢の変形や機能障害、および腕神経叢以遠の末梢神経障害/損傷が対象となります。

  1. 外傷(急性期):骨折、腱損傷、血管損傷、神経損傷、切断指肢、重度四肢
    指、手関節(手首のことです)や肘の骨折、捻挫など“けが”に起因した上肢の症状。疼痛、しびれや指や腕が動きにくいといった運動障害です。皮膚欠損/骨欠損/血管損傷を伴うような重度四肢開放骨折に対してマイクロサージャリーや仮骨延長法を用いた治療を施行しております。
  2. 外傷後遺症(慢性期):手指欠損、骨折変形治癒/偽関節
    けがの後、ある程度良くなったが、疼痛やしびれが続く、手指、手関節、肘関節が動きにくい、動かすと痛みが出るなどの症状です。母指、指再建には遊離血管柄付足趾移植、wrap around flap、肋骨骨軟骨移植など再建外科手術も行っています。舟状骨骨折難治性偽関節に対しては血管柄付骨移植を行っています。
  3. 感染性偽関節、慢性骨髄炎
    上肢だけでなく下腿や大腿骨骨折を過去にしたけれどなかなか治らない、膿のような汁がでる時がある(感染性偽関節といいます)そういった症状が継続している患者さん。感染性偽関節や慢性骨髄炎の治療として、イリザロフ創外固定器やマイクロサージャリー技術を駆使した血管柄付組織移植(皮膚、筋肉、骨)を用いて治療しています。
  4. 慢性疾患:リウマチ関連疾患、手/肘/指変形性関節症、TFCC損傷、手根管症候群、キーンベック病、テニス肘など
    指関節痛/拘縮、手関節痛、肘関節痛あるいはリウマチ疾患による手の障害(伸筋腱断裂、手指変形など)でお困りの患者さん。患者さんの状態に合わせてさまざまな治療法を提供しています。人工関節置換術、関節鏡(手、肘、母指CM関節)手術なども駆使して治療しています。リウマチ関連疾患に対する人工手関節置換術も実施可能になりました(参照「人工関節センター」)。
  5. スポーツ障害:野球肘、靱帯損傷、TFCC損傷など
    保存的治療、手術的治療の両方を患者さんのコンディションとあわせ、よく検討して方針を決定しています。肋骨骨軟骨移植、関節鏡手術も施行しています。
  6. デュピュイトラン拘縮:手のひらから指にかけてしこりができ、病気の進行に伴って皮膚がひきつれて、徐々に指が伸ばしにくくなる病気です。
    以前は手術療法が主でしたが、日本でも2015年9月より酵素注射療法(ザイヤフレックス®)が施行可能となりました。治療は外来通院で可能です。実施には手外科専門医の講習受講が義務づけられています。
  7. 上肢先天性障害(重複母指、内反手、ぶらぶら母指、先天性橈尺骨癒合症など)
    生まれつき手指や腕といった上肢に先天的な障害がある赤ちゃんや子供さん。先天性橈尺骨癒合症ではCT 3Dシミュレーションによる患者適合型骨切りガイドを作成の上、骨切り手術と授動術を施行しています。

手外科の代表的な疾患はたくさんありますので、日本手外科学会ホームページ(https://www.jssh.or.jp/)、一般の皆様”代表的な手外科疾患”を参照していただければと思います(https://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/index.html)。

日本手外科学会ホームページ 代表的な手外科疾患

診察 / 診断

レントゲン、CT、MRIなどのさまざまな検査機器を駆使し、手外科専門医が症状のあるところを触診し、問題となっている原因が関節にあるのか、筋肉や腱にあるのか、筋肉を動かす神経にあるのかを診断します。1.5テスラ四肢専用MRIも最近導入しましたので、診療に大いに役立っています。

治療

手の構造は非常に微細で、またその機能は繊細ですので、手術には手術用顕微鏡や拡大鏡を用いた大変細かい手術技術(マイクロサージャリーといいます)を用います。切断された指肢を再接着したり、無くなってしまった体の部分を他の体の場所から移植して再建したりします。機能的(つかむ、握るなどの機能)にも、外観や整容的にも心配りをしながら治療にあたります。患者さんが困っておられる症状をお聞きして、たとえ元通りにはならなくても、どうすれば使いやすい手になるのか、じっくりと話しあって治療方針を決めるようにしています。

リハビリ

手術とリハビリは手外科の両輪で、どちらがうまくいかなくても治療成績は満足いくものとなりません。どちらも大変重要です。当院では整形外科専従の作業療法士が6人在籍しており、手外科の術後リハビリにあたっています。毎週金曜日はハンドセラピー実施時に手外科専門医とハンドセラピストが話し合いながら治療にあたっています。
入院期間は、小さな手術は日帰り手術や一泊入院で手術しますが、長期のリハビリや数回にわたる手術を要する場合は長期入院を必要とします。