臨床検査技術部

細菌・ウイルス検査

1. 細菌・ウイルス検査

一般細菌と抗酸菌の塗抹、培養、同定、感受性検査および細菌・ウイルス抗原迅速検査に関すること。

細菌・ウイルス検査

一般細菌

一般細菌の中で精力的に菌検出を試みている細菌はYersinia pseudotuberculosis(SS寒天培地で25 72時間培養で透明なcolony)、Bordetella pertussis (BG培地で36.5℃ 72時間培養後、真珠色の colony )、Mycoplasma pneumoniae(PPLO寒天培地で通常36.512週間培養したcolonyを顕微鏡の 100倍で観察)です。これらの菌は全て臨床医と患者情報のコミュニケーションから検出されたものです。また、患者本位の医療を目指し、培養検査は年中無休で毎日行っています。血液培養件数は年々増加し、2セット採取率は90%を超えており、嫌気培養も2台の嫌気チャンバー(CONCEPT PLUSBUG BOX)を用いて積極的に行っています。

抗酸菌

培養検査は液体培養と小川培養を併用し、TB-LAMPMAC-PCRも行っています。また、同定検査にも細心の注意を払い、質量分析同定を行っています。

細菌・ウイルス迅速検査

レジオネラ尿中抗原、肺炎球菌尿中抗原、肺炎球菌細胞壁抗原、肺炎マイコプラズマ抗原、Clostridium difficile抗原ならびにトキシンA/B、A群レンサ球菌抗原、腸管出血性大腸菌ベロ毒素、細菌性髄膜炎抗原、アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス、インフルエンザウイルス等を導入しています。

2. 診療支援活動

院内感染対策に必要な統計処理、保健所に届ける基幹定点の感染症集計と届出を行い、感染対策委員会、ICT委員会、結核院内感染対策小委員会への情報提供を行っています。また、感染症科医師との血液培養カンファレンスを毎日実施しています。

3. システムおよび使用機器

システム

2004年に独自のシステムからCLINILAN MBAT社)に変更しました。19803月以降の成績と検査方法が蓄積され、随時の参照と集計が可能です。 20144月より一般細菌および抗酸菌同定に質量分析装置を導入しました。

使用機器

装置 名称 台数
自動微生物培養検出装置 BACT/ALERT 3D 1台
微生物感受性分析装置 MicroScan WalkAway 96 plus 1台
微生物分類同定分析装置 MALDIバイオタイパー 1台
全自動抗酸菌培養検査装置 MGIT 960 1台
リアルタイム濁度測定装置 Loopamp EXIA 1台
PCR検査用核酸増幅・検出装置 TaqMan 48 1台