放射線技術部

トピックス

国内外の学会発表・研修や資格取得をサポート!

ステップアップを目指す人を支援する体制が整っています。

放射線技術部には、国内外で学会発表経験の豊富な先輩が大勢います。
発表テーマから実験方法のアドバイスやスライド作成、発表練習に至るまで、強力なサポート体制が整っています。発表は2年目から地方学会を目指し、実力をつけてから全国・国際学会へとステップアップしていきます。多数の先輩が研究発表や論文を執筆しており、RSNAなどの国際学会でも演題が受理され、発表を行っています。海外の発表も交通費と滞在費の支援をしています。さまざまな認定資格・専門技師や修士・博士の学位を持った診療放射線技師を輩出しています。

SNMMI 2018で発表

SNMMI 2018で発表

ESTRO ASIA 2018

ESTRO ASIA 2018

論文

2021年

  • Fukunaga M., Matsubara K., Ichikawa S., Mitsui H., Yamamoto H., Miyati, T. CT dose management of adult patients with unknown body weight using an effective diameter. European Journal of Radiology. 2021;135: 109483.
  • Ichikawa S., Yamamoto H., Morita T. Comparison of a Bayesian estimation algorithm and singular value decomposition algorithms for 80-detector row CT perfusion in patients with acute ischemic stroke. La radiologia medica. 2021: 1-9.
  • Ichikawa, S., Hamada, M., Sugimori, H. A deep-learning method using computed tomography scout images for estimating patient body weight. Scientific Reports. 2021; 11: 15627.
  • Tsuboi, K., Nagaki, A., Shibutani, T., Onoguchi, M. Optimal choice of OSEM and SD reconstruction algorithms in CZT SPECT for hypertrophic cardiomyopathy patients. Journal of Nuclear Cardiology. 2021; 28(1).
  • Tsuboi, K., Nagaki, A., Shibutani, T., Kawakami, Y., Onoguchi, M. The setting of heartbeat acceptance windows on gated myocardial perfusion single-photon emission computed tomography using CZT camera: effect of left ventricular functional parameters in patients with arrhythmia. Nuclear Medicine Communications. 2021.

2020年

  • 福永正明, 松原孝祐, 竹井泰孝, 光井英樹, 亀井山弘晃, 田中孝尚, 市川翔太. 移動型整形外科用イメージング装置を用いた 腰椎後方固定術時における室内散乱線量分布の測定. 日放技学誌 2020; 76(6): 572-578.
  • Ichikawa S., Yamamoto H., Ito O., Fukunaga M. Pulmonary Artery/Vein Separation Using Single-Phase Computed Tomography: Feasibility and the Influence of Patient Characteristics on Vessel Enhancement. Journal of Thoracic Imaging. 2020; 35(3): 173-178.
  • Ichikawa S., Hamada M., Watanabe D., Ito O., Moriya T., Yamamoto H. Optimal slice thickness of brain computed tomography using a hybrid iterative reconstruction algorithm for identifying hyperdense middle cerebral artery sign of acute ischemic stroke. Emergency Radiology. 2020: 1-7.

2019年

  • 中河 賢一,紀之定 昌則,田渕 隆,森本 規義,福島 沙知,小笠原 貴史,熊代 正行.The optimal scanning method for threedimensional T1-weighted black-blood turbo spinecho MRI in the aortic arch日本診療放射線技師会誌 2019; 66(4): 353-357

2018年

  • 辻川久美子, 三宅剛司, 中河賢一, 福永正明. 日本人健常者を対象とした非造影心筋 T1 mapping による心筋 T1 値の解析. 日放技学誌 2018; 74(11): 1329-1334.
  • Kumashiro M., Kataoka T., Yokota S., Nakagawa S., Otsuki K., Miyake N., Osumi S., Yamaoka K. Image Quality of the Coronary Angiography with Noise Reduction Technology to Decrease the Radiation Dose. Acta Med Okayama. 2018;72(2):153-164.
  • 熊代正行,片岡隆浩,横田忍,中川忍,清川文秋,光井英樹,大角真司,山岡聖典.心臓カテーテル検査およびPCIにおける雑音低減技術を用いた患者と術者の被ばく低減効果.日本診療放射線技師会誌 65(5), 31-40, 2018

2017年

  • 長木 昭男, 杉本 勝也, 西村 圭弘,他.小児核医学検査における99mTc-DMSA シンチグラフィの適正投与量の検証を目的とした画質評価ファントムの開発.日放技学誌 2017; 73(12): 1197-1206.
  • 渡辺 大輝, 福永 正明, 山本 浩之.新しい造影CT用留置針における注入圧低減効果の検証.日放技学誌 2017; 73(4): 267-272.

2016年

  • 福永正明,大西英雄,山本浩之.頭部単純CTにおける80列ノンヘリカルスキャン法の有用性ー大脳基底核領域から頭頂部領域-.日放技学誌 2016; 72(12): 1245-1252.
  • 坪井 邦仁, 福永 正明, 山本 浩之.Computed tomographyにおけるcalibration field of viewやdisplay field of viewが及ぼす金属アーチファクト低減効果の影響.日放技学誌 2016; 72(12): 1237-1244.
  • 福永正明,大西英雄,松友紀和,他.CT画像計測プログラムを用いた円形エッジ法における標的径とFOVに対するMTF測定精度.日放技学誌 2016; 72(6): 489-495.
  • 亀井山弘晃,松友紀和,長木昭男,他.123I-FP-CIT SPECTにおける画像再構成方法が定量性と診断能に与える影響.日放技学誌2016; 72(7): 595–601.
  • 松友 紀和,甲谷 理温, 他.ドーズキャリブレータの測定精度および施設間差の評価.日放技学誌 2016; 72(5):410-415.
  • 長木 昭男, 松友 紀和, 他.心電図同期SPECTデータを用いた非同期心筋血流SPECT収集時間の推定法.核医学技術 2016; 36(4): 485-491.

2015年

  • 中河 賢一, 森本 規義, 福島 沙知.Phase contrast MRIを用いた大動脈弁周囲の血流評価:健常ボランティアによる呼吸法の効果.日放技学誌 2015; 71(12): 1230-1234.
  • 福永正明,大西英雄,山本浩之.低線量腹部CT撮影におけるアーチファクト低減処理法を用いたダークバンドアーチファクト低減効果の検証.日放技学誌 2015; 71(4): 316-324.

2013年

  • 中河 賢一, 古牧 伸介.可動性プラークに対するBlack Blood CINEの最適化.日放技学誌 2013; 69(11): 1274-1280.
  • 松友 紀和, 長木 昭男, 大西 英雄, 金田 明義.SPECT 画像に対するSoft Threshold 法を用いたウェーブレット変換ノイズ抑制処理の評価.日放技学誌 2013; 69(1): 49-57.