呼吸器外科

当科の概要

主任部長 奥村 典仁

当呼吸器外科は、1982年、玉田二郎科主任により開設され、当初は「呼吸器科」として内科的疾患も含む呼吸器疾患全般に対しての診療を行っていましたが、現在は下記のような基本原則の下に呼吸器外科疾患に対して積極的に取り組んでいます。今後もこの原則に則り、他科との連携のもとに、高いレベルの医療を実践していきたいと考えています。

基本原則

  1. 本院の理念および基本方針に基づいて診療を実践し、医療の質を高く保ちます。
  2. 患者の健康と安全を守ることをすべてに優先させ、その際、患者の人格を尊重し、個人の秘密を守ります。
  3. 医師、看護師、薬剤師など医療にかかわるスタッフ全員が、患者の権利を尊重し、安全かつ良質な医療を提供するために、協力して患者の診療にあたります。
  4. 患者の臨床的問題が複数の診療科にまたがる場合、必要に応じて他科紹介し、問題解決にあたります。
  5. 全てのスタッフは呼吸器外科のプロとして資質向上に研鑽し、習得した能力を社会に還元します。

診療留意点

  • 患者さんの便宜を図り、外来予約検査は通院日数を最小限にするよう計画します。
  • 悪性腫瘍の疑われる患者さんの診療にあたっては、治療(特に手術)が早期に開始できるように、検査・診断・入院がスムーズに運ぶべく最大限の配慮を行います。
  • 病状説明は可能な限り時間をかけ、わかりやすい言葉で説明し、十分理解され納得していただいた上で、最終的に患者さんの意思で治療方針を選択していただきます。
  • ご紹介していただいた患者さんに関しては紹介元へ迅速かつ詳細にご報告いたします。

診療圏

主に岡山県西部、すなわち倉敷市を中心に北は新見市、西は笠岡市、井原市など、さらに広島県東部、香川県・愛媛県の一部にも及んでいます。