臨床検査技術部

カテーテル室

カテーテル室では、年間4,000例以上の検査・治療が行われています。そのすべてに臨床検査技師が携わり他職種と共にカーディオバスキュラーチームとして医療の最前線を実践しています。
また、カテーテル室内には心血管検査室を併設しリアルタイムに情報を提供できる現場となっています。

1. カテーテル室に携わる主な職種

医師、看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、カテーテルアシスタント(CA)がカテーテル業務に関わっています。
その中で、16人の臨床検査技師が術前、術中、術後まで幅広く携わっています。業務時間外においても拘束体制で24時間対応しています。

2. 診断カテーテルの臨床検査技師業務

心電図・心腔内圧の記録および監視を行いカテーテル中の心電図変化や心腔内圧の変化を察知し患者さんに安全で安心できる検査を提供しています。

3. 冠動脈インターベンション(PCI)

冠動脈治療時には、心電図・心腔内圧の記録および監視はもとより周辺機器操作のすべてを行っています。
血管内超音波(IVUS)、光干渉断層法(OCT/OFDI)などの血管内の画像診断を行い狭窄部の動脈硬化の状態や狭窄の長さを計測しバルーンサイズの決定やステント留置に関与しています。また、治療デバイスである粥腫切除術のDCAやロータブレータ、レーザーの機器操作を行っています。
急変時には、IABP、PCPS、インペラなどの補助循環装置の準備操作を行い、救命治療を行います。

4. 末梢血管治療(EVT)

近年、EVTが増加してきています。我々は、術前の穿刺部エコーや術中のエコーガイドを行い医師に患者さんの血管の情報を提供するとともに直接、治療に関わっています。また、術中においては血管内超音波(IVUS)やクロッサーなどの周辺機器操作も行います。治療後には、治療評価のためエコーにて治療部位の確認を行います。

カテ生理検査

5. 心構造疾患(SHD)治療

ハイブリッドOP室で行うSHD治療にも参加しています。近年注目されている経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)や経皮的心房中隔欠損閉鎖術、Mitra ClipなどのSHDの治療にはスペシャルなハートチームとして多くの職種が携わります。臨床検査技師は、そのすべての治療に重要な役割をはたしています。術中の経食道エコーや心腔内エコー、IVUSなどの画像診断をはじめ心電図・心腔内圧の記録および監視、ペーシング等を行っています。あわせて、TAVI時には、清潔野でクリンパーも行っています。

6. その他のSHD治療

その他のSHDは、カテーテル室内で行われます。心電図・心腔内圧の記録および監視をはじめすべての周辺機器操作を行っています。必要時には超音波診断装置を使用し治療に携わります。

  • PTMC(僧帽弁形成術)
  • PTAV(大動脈弁形成術)
  • PTSMA(経皮的中隔心筋焼灼術)
  • PTPA(経皮的肺動脈拡張術)

7. カテーテルアブレーション業務

心臓の不整脈発生部位をカテーテルで焼灼して、不整脈を根治するカテーテルアブレーション治療にも技師が携わっています。主な業務として心内心電図の記録と解析を行い、不整脈の診断・治療を医師、看護師とチームになって行っています。またペーシング刺激装置、通電装置、3次元解析装置などの操作も行い、診断や治療に積極的に関わっています。

8. デバイス関連業務(ペースメーカー植込みなど)

ペースメーカーなどの点検は専用のプログラマーを用いて、臨床検査技師と臨床工学技士が実施しています。ペースメーカー植込み時には、心電図や圧の記録とともに、ペースメーカーのプログラムを医師とともに設定しています。その後の経過観察でも病棟や外来にてペースメーカーの点検を実施し、必要があれば医師と相談して設定を変更したりします。

9. 小児カテ業務

先天性心疾患の血行動態を把握し心腔内圧の計測を行います。また、肺動脈拡張術や動脈管閉鎖術等の治療にも携わっています。ハイブリッドOP室で行う、経皮的心房中隔閉鎖術にもチームとして関わり心腔内エコーの操作を行っています。

カテーテル室で臨床検査技師は診断から治療まで重要な役割をはたしています。患者さんにとって最善の治療を導き出すことが我々、カテ室に携わる臨床検査技師の役割だと考えています。
当院のカーディオバスキュラーチームの一員として高い水準の医療を提供していきます。