リハビリテーション部

若手技師からのメッセージ

運動器リハ室 | 理学療法士宮﨑 夏宝

教育システムがしっかりしており、
各疾患の学ぶべきポイントが細かく提示されている!

私は当院に入社して3年目になります。2年目までは倉敷中央病院リバーサイドで働いており、3年目から倉敷中央病院の運動器に配属となりました。

リバーサイドは急性期だけでなく回復期の患者さんも多く入院されています。自宅に退院される患者さんが多く、1人の患者さんに対し運動療法だけでなく退院後の生活等についても時間をかけて考えることができます。患者さんの住宅環境調整のための退院前訪問指導や、退院支援カンファレンス等で医師や看護師、メディカルソーシャルワーカー等他職種とより密接に関わることができます。

倉敷中央病院は教育システムがしっかりしており、各疾患の学ぶべきポイントが細かく提示されています。また先輩方が優しく分かりやすく指導してくださり、より専門的な知識や技術を学ぶことができます。

また当院は福利厚生がしっかりしていることや、ビアガーデンや忘年会等のイベントもあり、他職種の仲間と交流の機会がたくさんあります。そのため公私共に充実した日々を送ることができます


小児リハ室 | 作業療法士角井 桃子

お子さんたちの笑顔や成長、ご家族からの感謝の言葉に
「また、明日からも頑張ろう」と思える

私は小児リハ室に所属しています。対象は、発達に遅れのある子やコミュニケーションが苦手な子、身体に麻痺のある子など、さまざまです。小児の領域は学校の授業では習わないことも多く、入職したばかりの頃は戸惑いの日々でした。しかし、先輩方からの丁寧なご指導や院内外の勉強会への参加で、多くの知識を身に付けることができ、今では沢山のお子さんを担当させていただいています。臨床を行う中では、たまに疲れてしまうこともありますが、お子さんたちの笑顔や成長、ご家族からの感謝の言葉に、「また、明日からも頑張ろう」と思うことも多くあります。これからも、悩むことは多くあると思いますが、先輩や同期、後輩の力を借りながら、日々精進してきたいと思います。


呼吸循環リハ室 | 理学療法士石丸 奈美

1つの病院内で
様々な疾患の知識やリスク管理を学べる

現在3年目になり呼吸循環リハ室に所属しています。集中治療室もあり、急変リスクのある中での理学療法は特に責任の重大さを感じています。しかし経験を積んだ先輩方の指導のもと、かつ看護師の協力も得られる中で治療を行えるため、自信をもって患者さんに接することができます。患者さんによって病態が異なり、なかなか教科書、文献通りには経過が進まず、日々悩みますが、退院していく患者さんの言葉で励まされています。病院の規模が大きいため、1つの病院内で様々な疾患の知識、リスク管理を学べることは今後の将来像を考える上でいい経験になると考えています。今後も患者さんのことを第一に考え、自分自身も成長できるよう日々の臨床に努めたいと思います


言語聴覚療法室 | 言語聴覚士川村 歩

定期的に行われる院内の勉強会や図書館など、
臨床に必要な知識を勉強できる環境が整っています

私は言語聴覚療法室に所属しています。対象は全病棟にわたり疾患も様々で、重症度も集中治療室に入室されるような重症な方から軽症な方までとても幅広いです。入職当初は、症例の多様さや急性期の症状変化やリスク管理など、学ぶべきことが多く、戸惑いや不安もありました。しかし、定期的に行われる院内の勉強会や図書館など、臨床に必要な知識を勉強できる環境が整っており、先輩方から多くの指導や助言を頂き、時には一緒に治療を行うことで安心して治療に取り組むことができました。また、他職種との情報交換も盛んで、アドバイスを頂く場も多く、学びをより深めることができました。今後もさらに成長し、患者さんに寄り添える療法士を目指して精進していきます


言語聴覚療法室 | 言語聴覚士田口 愛里奈

患者さんに安心して信頼される
言語聴覚士を目指します

私が就職して今年で3年目を迎えました。1年目は病棟業務を行い、2年目の後半から外来業務を中心に担当しています。外来では、耳鼻咽喉科にて聴覚領域に携わっており、様々な聴力検査や補聴器外来などを行っています。

聴覚領域を始めた頃は、臨床に応用できる知識はほとんどなく日々の勉強と仕事をこなすことで精一杯でした。しかし、自分の検査結果が患者さんの診断に繋がった時はとても嬉しくやりがいを感じることができました。また、患者さんから温かいお言葉をいただくこともあり、言語聴覚士になって良かったなと改めて感じることもあります。さらに、県内外で開催される学会や講習会などにもたくさん参加させていただき、技術や知識の向上だけでなく自分自身の自信へ繋げることができています。

 今後も患者さんや他職種に信頼される言語聴覚士になれるよう日々努力していきたいと思います。また、臨床研究や学会発表など新しいことにも挑戦していきたいです。

 仕事以外では、趣味の幅を広げてサイクリングを始める予定です。忙しい日々の中でも楽しみを見つけ、視野を広げることで仕事もプライベートも充実させていきたいと思います


運動器リハ室 | 作業療法士鍋屋 有加

患者さんが安心して退院される姿を見られたとき
私自身もうれしくなります

私は入職して3年目になります。学生の時、長期実習で当院を知り、科別担当で専門的に治療を行っていること、新人研修ではすべての室をまわり幅広い分野の知識を学べることに魅力を感じました。加えて倉敷中央病院と系列である倉敷中央病院リバーサイドとの異動があり、急性期から回復期までの患者さんにかかわることで、より患者さんに寄り添った治療ができ、自分自身の経験にも繋がるのではないかと思いました。

1,2年目は倉敷中央病院リバーサイドでの勤務でした。対象疾患は様々で、急性期から回復期までの患者さんを対象に、機能訓練やADL 指導を行っていました。リバーサイドでは、自宅退院を目指す方が多く退院支援を積極的に行っています。実際に患者さんと関わってみると生活様式は様々で、ADL指導ひとつとっても指導の方法に苦戦しました。しかし自宅で安全に生活できるよう福祉用具の選定をしたり、繰り返し動作練習をして実際に患者さんの自宅へ伺い導線の確認を行うことで、より安心して退院される姿をみることができ私自身もうれしくなります。

現在は倉敷中央病院へ異動となり、運動器リハ室で働いています。環境の変化に最初は戸惑いましたが、先輩方のサポートもあり、リバーサイドで学んだ経験を生かしながら臨床を行うことができていると思います。今後もより多くの経験を積み、知識を身に着けることで、患者さんに寄り添った関わりができる作業療法士になりたいと思います。


運動器リハ室 | 作業療法士井尻 吉宏

他職種スタッフとの交流が、
仕事はもちろん私生活も充実させてくれます。

私が当院を知ったきっかけは、大学時代に数箇所の施設で働く先輩作業療法士の方々が、自分の職場を説明する病院説明の場があり、その際に当院の説明もあったからです。当院のリハビリテーション部は5つの室に分かれおり、科別担当で専門的に治療していることが特徴で、そこに魅力を感じました。私は運動器リハ室の作業療法士として、特に手外科患者のリハビリテーションや人工関節の手術をされた患者さんなどのADL動作指導をしています。手外科の医師とのカンファレンスも盛んに行われており、当院はとても勉強しやすい環境だと感じています。仕事だけではなく、運動会やビアガーデンなどの行事もたくさんあり、他職種のスタッフとの交流も多いので、公私共に充実した日々を送ることができていると思います。


呼吸器循環リハ室 | 作業療法士村田 成美

「あなたが担当してくれて良かった。ありがとう。」を胸に、
心に寄り添う作業療法士を目指しています。

私は呼吸・循環リハ室に所属しています。対象は集中治療室に入室される重症な方から軽症な方まで幅広くさまざまです。最初は学生時代に苦手としていた分野であったことや経験したことのない疾患が多かったこと、患者さんの前にでると緊張しやすいこともあり毎日が不安でいっぱいでした。しかし定期的に行われる院内の勉強会・図書館等勉強できる環境が整っていることや同じ大学出身の先輩が多く気軽に相談することができるので徐々に不安が自信に変わってきました。そして患者さんから「あなたが担当してくれて良かった。ありがとう。」と声をかけてもらえる機会がありとてもやりがいを感じています。現在就職して二年目を迎え、今後も患者さんの心に寄り添える作業療法士を目指し日々精進していきます。


呼吸循環リハ室 | 理学療法士梶原 祐輔

ひとつひとつの経験を振り返ることが、
今の自分を成長させてくれます。

私が呼吸循環リハ室に所属して、3年が経過しました。呼吸器・循環器の知識は、学校の授業や国家試験の勉強で学んではいましたが、配属した頃は戸惑ってばかりでした。

なぜなら急性期の呼吸循環疾患をみていくことは、あらゆる知識が必要であり、常にリスク管理が重要であるからです。しかし、当院の新人指導の環境が整っており、困った時は先輩方から多くの指導や助言を頂き、一緒に治療に参加して頂けるので、焦ることなく安心して治療に取り組むことが出来ます。難渋症例や、高齢の方も多く、常に離床が進むような、上手くいくことばかりではないこともあります。しかし、ひとつひとつ経験を振り返ることで、自分自身の治療の質を高め、今の私を成長させてくれているのだと感じます。当院での臨床経験は、他にはない、多くのことを学べるのだと感じます。

当院のリハビリスタッフは、研究・学会発表に努める方が多く、発表者以外でも学会に参加することも多く、臨床に必要な知識や意欲を高めることが出来る環境が整っています。個人的にはリハビリテーション室の他のスタッフと一緒にゴルフを楽しみ、充実しています。日々の経験を活かし、さらに成長していけたらと思います。


小児リハ室 | 理学療法士赤木 彩香

お子さんの笑顔は癒しとなり、
私の力となっています。

私は小児リハ室に所属し、子どもの理学療法を担当させていただいています。当院ではNICUに入院中の小さな子どもから、外来に移行後も長期で患者さんに関わることができ、中には成人の方もおられます。ご家族は様々な思いをもたれており、お子さんへの治療のみでなく、両親に対するサポートやケアも重要であると日々実感します。お子さんとそのご家族の人生に関わる重要な仕事のため悩むところも多々ありますが、その分やりがいのある仕事だと思います。日々の学習も重要であり忙しい毎日ですが、子どもさんの笑顔は癒しとなり、私の力となっています。また、昼休憩中には同期職員や先輩方とわきあいあいと過ごすことができ、ほっと一息つける時間となっています