リハビリテーション部

リハビリテーション部組織

  • 技師長:田渕 隆
  • 副技師長(理学療法担当):泊 健太
  • 副技師長(作業療法担当):石田 崇
  • 副技師長(言語聴覚療法担当):井川 裕通
リハビリテーション各室 室長 副室長
連携管理室 西出 康晴
脳神経リハ室 白方  淳
運動器リハ室 石田  崇 公文 範行
呼吸器循環リハ室 泊  健太 渡邉 健二
永田 幸生
内部障害リハ室 西濱  修 國光 好美
小児リハ室 羽川  希 佐伯 麻衣
言語聴覚療法室 井川 裕通 松尾 基史
訪問リハ室 矢野 宏之 中山 卓

リハビリテーション部勤務の技師数

2019年4月1日現在

  理学療法士 作業療法士 言語聴覚療法士
連携管理室 1
脳神経リハ室 8 7
運動器リハ室 11 6
呼吸循環リハ室 13 3
内部障害リハ室 9 5
小児リハ室 6 4
言語聴覚療法室 13
訪問リハ室 8 4
合計 55 30 13

学会発表・論文発表実績

※ 2018年4月~2019年3月

[1] 学会・演題発表

学会名 第19回 日本言語聴覚学会
開催地 富山 会期 2018/6/22~23
演者:演題 阿部 千佳:本態性音声振戦症に対する多元的な音声治療の試み
演者:演題 松尾 基史:言語発達障害児の対人コミュニケーション行動と構音の関連−FOSCOMからの検討−
学会名 24回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会
開催地 横浜 会期 2018/7/14~15
演者:演題 川田 稔:CCU から理学療法を開始した拡張型心筋症患者の特徴
学会名 52回日本作業療法学会
開催地 愛知 会期 2018/9/7~9
演者:演題 矢野 宏行:筋萎縮性側索硬化症患者へのスカイリフトSL2009U導入の効果
学会名 45回日本肩関節学会
開催地 大阪 会期 2018/10/19~20
演者:演題 北本 恭吾:ASCR施行患者の術前三角筋面積が肩関節自動挙上に与える影響
学会名 63回日本音声言語医学会
開催地 福岡 会期 2018/10/11~13
演者:演題 阿部 千佳:持続母音と会話音声でのGRBAS評価の違いについて
演者:演題 松尾 基史:言語発達障害別の対人コミュニケーション行動と構音の関連−FOSCOMからの検討
学会名 32回言語発達障害研究会
開催地 徳島 会期 2018/12/1~2
演者:演題 松尾 基史:言語発達段階別の対人コミュニケーション行動の特徴−FOSCOMからの検討
学会名 46回 日本集中治療学会学術集会
開催地 京都 会期 2019/3/1~3
演者:演題 沖 圭祐:救急ICUに入院しリハビリテーションを実施した敗血症患者の入院時GNRIからみた退院時ADLの検討
学会名 42回 日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会
開催地 福岡 会期 2019/3/8~9
演者:演題 野村 智子:倉敷中央病院での嚥下サポートチーム立ち上げについて第一報
学会名 44回 日本脳卒中学会学術集会
開催地 横浜 会期 2019/3/21~23
演者:演題 原田 真二:重症くも膜下出血患者の自宅退院に関与する因子の検討と予測モデル作成

リハビリテーション科