リハビリテーション部

働きやすい環境づくり

ワーク・ライフバランスに重点を置き、スタッフ皆がお互いを理解し合い、協力し合い、働き続けることができる職場を目指しています。

リハビリテーション部では、働きやすい職場・働き続けることができる職場作りを目指し、スタッフのワーク・ライフバランスに重点を置いています。実際には全スタッフを対象にした面談を各室等で実施し、働き方の相談や検討を行ったり、職員間がコミュニケーションを取りやすい休憩スペースを作ったりしています。

男女問わず、子育てをしながら働いているスタッフも多く、相談がしやすい環境で、産前・産後休暇や育児休暇の取得率も高く、短時間勤務を利用している職員もいます。また、時間外労働の削減や有休取得率向上にも取り組んでおり、ワークもライフもより充実したものとなるようにしていきたいと思います。

スタッフ皆がお互いを理解し合い、協力し合い、働き続けることができる職場を目指しています。

子育て世代のスタッフから…

2人目の出産後、時間短縮業務制度を利用させていただいています。

1人目の復帰時の経験からも家事と育児の両立にとても不安がありました。時間短縮を利用させてもらうことになって業務内容について上司と話合う機会もでき、安心して業務にあたることができています。

また、同じリハ室のスタッフからの理解ある声かけに勇気づけられ感謝しています。1人目の子どものことにも目を向けられ接していられる時間が増え、2人の育児に時間をかけることができています。

今こうして続けて働けられているのも、周囲の皆様の理解と協力のお陰と思います。日々感謝の毎日です。家事と育児、仕事の両立をうまく行っていけるよう頑張っていきたいと思います。