「赤い屋根まごころ基金」ご寄付のお願い

ご寄付のお願い

約百年前に設立した倉敷中央病院が1927年に独立採算制へ移行してから、当法人は一民間医療機関として補助金や交付金に頼ることなく、収入の約99%が保険診療による診療報酬を財源としております。

質の高い医療を地域の皆さまに提供するため努力を重ねておりますが、その実現には継続した人材の育成や高度な医療機器が不可欠です。ただ、国の医療費抑制政策や、医療の高度化に伴う薬剤や医療機器の価格高騰で病院経営は厳しさを増しています。コロナ禍でも地域医療の最後の砦として、日夜を問わず職員が重症患者の治療に当たっています。

地域の医療の質向上のため、誠に恐縮ではございますが、皆さま方にお力添えを賜りたく、お願い申し上げます。

目的

「赤い屋根まごころ基金」は、当法人に対して、患者さん、ご家族、地域住民の皆さまからいただいたご厚志を、適切な管理のもと、次のような使途で有効に活用することを目的としています。

  1. 患者、家族、地域住民に対して、健康づくり、疾病予防、治療などについての研修会、講演会、座談会の開催や、図書の整備、パンフレットの作成等の支援。
  2. 患者、家族の療養環境(車椅子、庭園など)の整備の支援。
  3. 病院で行う臨床研究に対しての支援。
  4. 職員への教育研修を実施する際の支援。
  5. ボランティア活動に関する環境整備、研修などの支援。
  6. その他(寄付者の希望等)で基金制度の趣旨に合致する活動の支援。

2019年度 赤い屋根まごころ基金収支報告書 兼 パンフレット(PDFデータをダウンロード)

 

寄付金に対する税制優遇が受けられます

所得控除と税額控除があり、どちらか有利な方を選択できます(多くの場合では税額控除が有利になります)。

税制優遇を受けるための手続き
ご寄付いただいた方には、寄付金領収証、税額控除に係る証明書の写し等を送付いたします。
税制優遇を受けるためには、上記の書類を添えて、税務署へ確定申告が必要ですので大切に保管してください。

 

ご寄付のながれ

当基金は個人の方からのご寄付をお受けしています。
※ご入院中の患者さんからのご寄付はお受けできません。

Webから申請の上、寄付口座へお振込みいただく場合

下記のご寄付申請フォームよりお申込みください ※別ウィンドウが開きます
ご寄付 申請フォーム

ご申請いただいたのち、下記の口座へお振込みください。

銀行口座支店名 中国銀行 倉敷支店
口座種目番号 普通預金 2061127
口座名義
(カナ表記)
公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構
ザイ)オオハラキネンクラシキチュウオウイリョウキコウ

窓口(倉敷中央病院 経理課)にてお申し込み・ご寄付をいただく場合

申込書(Wordデータ、PDFデータ)をダウンロードし、ご記入のうえご持参ください。
パソコンで入力されたい方は、Wordデータをご使用ください。

領収書・証明書のご送付

ご入金が確認できましたら、寄付金領収書と税額控除にかかる証明書の写しを送付いたします。

申告・納税手続き

当基金へのご寄付につきましては、下記の通り税制上優遇が受けられます。お届けしました領収書・証明書が申告時に必要となりますので、大切に保管しておいてください。

 

寄付者の顕彰等

年1回発行している赤い屋根まごころ基金収支報告書 兼 パンフレットへお名前を掲載するほか、院内掲示にてご紹介させていただきます(ご承諾いただいた方のみ)。
2019年度 赤い屋根まごころ基金収支報告書 兼 パンフレット(PDFデータをダウンロード)

 

赤い屋根まごころ基金へのご寄付についてのお問い合わせ先

経理課 086−422−0210
お問い合わせ時間
月~金曜日 8:30~17:00 ※土・日・祝日のぞく