産婦人科

産科(正常妊娠・異常妊娠)

診療内容

当院は総合周産期母子医療センターとして岡山県の指定を受けています。産科ではMFICU(母体胎児集中管理室)6床を有し、ハイリスク妊娠・分娩症例(胎児疾患、切迫早産・前期破水症例などの合併症妊娠)の母体搬送を常時受け入れています。搬送件数は年々増加傾向にあり、年間180件程度の搬送を受け入れています。近隣の分娩取り扱い施設の減少もあり、地域の妊婦さんを守る観点からも、妊婦さんの受け入れは重要なことと考えています。

当院では安全かつ心地よいお産を重視しており、必要に応じて陣痛誘発、分娩促進も行っています。妊婦健診では医師の診察と助産師の個別相談の場を設けており、医師の許可がある場合は妊娠28週より助産師外来もご利用いただけます。妊娠中は母親学級・両親学級など、妊娠・分娩・子育てに関するワークショップも行っています。妊婦さんのバースプランを最大限配慮したお産になるよう、医師・助産師ともに支援しています。産後は母乳分泌や親子の絆形成促進のため、安全に配慮しながら母子早期接触および母子同室を行っています。退院後も2週間健診や電話訪問など、困った時にいつでも相談ができる体制を整えており、必要に応じて各科への紹介も行っています。

隣接するNICU(新生児集中治療室)では、NICU21床、GCU30床を有し、在胎22週以降に生まれたお子さんから、体重が1000g未満のお子さん、合併症のあるお子さん等の治療やケアを行っています。胎児の疾患に関しては、胎児輸血、胎児胸腹水の除去、人工羊水注入等を積極的に行っており、小児科未熟児医療グループ、小児科循環器グループ、小児外科グループ、看護師や助産師、臨床心理士と分娩前からカンファレンスを治療・ケア方針を共有し、多職種でのサポートに努めています。

また、先天性心疾患をもつ妊婦さんへのサポートも多職種で行っています。
成人先天性心疾患外来のご案内

無痛分娩施設情報(当院の和痛分娩診療に関する情報公開)

倉敷中央病院でのお産(妊婦健診や当院での出産、退院後の生活についてご紹介します)