当院について
院内散歩
homeトップページ > 当院について > 院内散歩

院内散歩

院内散歩

大原孫三郎創立者の大原孫三郎は、病院の設計理念のひとつに「病院くさくない明るい病院」を掲げました。
倉敷中央病院には、いくつものアメニティスペースが設けられています。噴水の水音が聞こえ、明るい日差しが降りそそぐ温室。風を感じられるセントラルパーラー、そこで開催されるコンサート。心を和ませてくれるくつろぎの空間に、人々は自然と集まってきます。患者さんへの優しい環境づくりは、当院にとって、大切な医療の一環です。
創立者の思いを引き継ぎながら、新棟・旧棟のシームレス化をはかり施設運営を行っていることを評価され、2010年にはファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)を受賞しました。


外来温室
ステンドグラス「海」と「山」



セントラル・パーラー
小児科待合



エレベーターの電話ボックス
医療情報の庭



ゲーテの庭



「温室の喫茶」の欄間
セントラル庭園



アクアリュウム・リゾート
マルガリータ王女



フレスコ画「ナイチンゲール」
アクアリュウム・リゾート



赤い屋根瓦
流水壁



スリップウェアーのタイル
病棟・外来の壁の白磁



第9棟屋上庭園
フレスコ画「北斗七星」



病院を見つめてきた灯りたち
第3棟 うぐいす通り



ステンドグラス:木漏れ日からの発想
第3棟 フラワーガーデン



うぐいす通りの絵画
第3棟 屋上庭園



リハビリテラス そらにわ
時空回廊IDEA



陶板 豊饒と祈り
スリップウェアのタイル



いずみの広場



院内散歩マップ外来で「院内散歩マップ」を配布しています
来院いただいた患者さん、ご家族の方に、院内で少しでも気分を明るく過ごしていただけるように、当院 患者・職員サービス室が院内散歩マップを制作、外来のパンフレットスタンドにて配布しています。ご来院の際は、ぜひお手にとってご覧ください。

ページの先頭へ