医療関係者の方へ
がんへの取り組み
homeトップページ > がんへの取り組み

当院のがんへの取り組み

倉敷中央病院は、岡山県の地域がん診療連携拠点病院です。
全国どこでも、「質の高いがん医療」を受けられる社会を目指して、都道府県による推薦をもとに、厚生労働大臣が指定した病院であり、がんに関する診療体制や設備、情報提供、他の医療機関との連携などについて国が定めた基準を満たしています。

当院では、オンコロジーセンターを組織して、院内の各診療科・部門と連携し、がん診療の充実に努めています。また、院外の関係機関等とも連携をとりながら、地域がん診療連携拠点病院としてさまざまな活動を行っています。


各種がんの情報

各種のがんについて、手術、放射線治療および薬物療法を効果的に組み合わせた集学的治療および緩和ケアを提供しています。
当院で診療を行っているがんの種類 (国立がん研究センター がん対策情報センター)


がん登録

がん登録は、がんの罹患やがん患者の転帰、その他の状況を把握し、分析する仕組みです。がんの現状を把握し、がん対策の基礎となるデータを得るとともに、がん患者に対して適切ながん医療を提供するために不可欠なものです。

当院では、平成4年より患者さんのデータを収集し、個人情報保護の下に、地域がん登録や国立がん研究センターなどへ情報提供するほか、予後調査や分析に活用しています。登録数は中四国で最大規模です。
当院の院内がん登録について

緩和ケア

がんなどで治療中の患者のみなさまやご家族が安心して生活を送ることができるように支援するために、当院においては「緩和ケアチーム」がさまざまな活動をしております。
当院の緩和ケアについて


セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは、よりよい決断をする為に、専門的な知識を持った第三者に、求めた「意見」、または、「意見を求める行為」のことを意味します。医療分野では、患者さんが、検査や治療を受けるに当たって、主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」です。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者さん自身が選択していくべきという考え方に沿ったものです。
セカンドオピニオンのご案内


がん相談支援センター

がんサロン「のぞみ会」当院では、がんでお悩みの患者のみなさまやご家族の方が安心してご相談いただける窓口として「がん相談支援センター」を設置しております。
がんに係るご相談について

また、患者さんとご家族がお話をする場として、がんサロン「のぞみ会」を偶数月に開催しております。当院の患者さんやご家族であればどなたでも参加できます。
がんサロン「のぞみ会」



小児・AYA世代のがん患者さんへの治療・支援

AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期と若年成人)の略で、15歳以上40歳未満を指します。当院では、小児血液・がん専門医を配した小児科および各診療科・部門、がん相談支援センター等が連携して、小児・AYA世代のがん患者さんへの治療・支援を行っております。

がん相談支援センターでは、小児がん拠点病院等とも情報共有を図りながら、小児・AYA世代のがん患者さんの治療・療養生活や就学、就労に関する相談をお受けしております。また、がん治療に伴う生殖機能の温存に関しても、産婦人科・泌尿器科・小児外科とも協力し、相談対応や適切な機関への紹介を行っております。
がんに関する不安や悩み等がありましたら、がん相談支援センターや担当の医療スタッフへお気軽にご相談ください。


がんゲノム医療

当院は、2018年3月に「がんゲノム医療中核拠点病院」の京都大学医学部附属病院・岡山大学病院と連携する「がんゲノム医療連携病院」として厚生労働省に認定されました。同年8月の厚生労働省・先進医療技術審査部会にて、先進医療Bの「マルチプレックス遺伝子パネル検査」の協力医療機関として承認され、先進医療を開始しました。

【先進医療B マルチプレックス遺伝子パネル検査】
(※2018年11月初旬に、症例登録計画数の上限に達し、現在は新規登録ができません。)
国立がん研究センターが開発した検査(NCCオンコパネル)で、114個の遺伝子を解析し、抗がん剤治療の選択に役立つ遺伝子変異を確認するものです。検査自体は外部へ委託し、検体は腫瘍組織(病理切片)と末梢血(2 mL)であり、患者負担額は約52万円(2018年11月時点)。検査結果は中核拠点病院の専門家会議で協議され、当院より患者さんへ説明を行います。治療に結びつく割合は10~20%であり、治療としても治験の実施がない場合は、保険適用外が主となり高額な自費診療の場合が多いなどの課題があります。当面、対象は当院治療中の患者さんに限定(標準治療が終了して、全身状態が良好などの適応条件があります)して実施します。


治験・臨床研究

当院では、数多くのがん関連の治験・臨床研究を実施しており、臨床研究センターがその実施および、管理を支援しています。

臨床研究支援センター・一般の方へ
医の倫理委員会



研修会

院内外のがん医療に携わる医師等を対象とした早期診断、副作用対応を含めた放射線治療・薬物療法の推進および緩和ケア等に関する研修を毎年開催しています。

医療従事者向け研修会
緩和ケア研修会修了者名簿 (PDFファイル)



情報提供、普及啓発等

一般向けのがんに関するパンフレットや院内誌を配布しています。また、外来1階の患者さん図書室「医療情報の庭」では、医療・福祉・健康についての書籍や雑誌等を整備し、一般向けに開放しています。約2,500冊の蔵書を閲覧いただけるほか、インターネットを利用して情報検索もできます。
また、がん等をテーマとした市民公開講座を年1回開催しています。

医療情報の庭
市民公開講座



PDCAサイクルの確保


PDCA

PDCAとはPlan→ Do→ Check→ Actというサイクルを回すことにより業務改善を進める手法です。

診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、がん患者の療養生活の質について把握・評価し、課題認識を院内の関係者で共有した上で、組織的な改善策を講じています。

2018年度計画(PDFファイル)
2017年度実績(PDFファイル)


ページの先頭へ