先輩職員の本音トーク
-Fresher's Report-

 

職員が感じる当院の良さ

協働の文化

#ボーダレス医療チーム #ITで情報共有 #多職種協働で病院を改善
当院では診療科の枠を超えた意見交換、院内で多職種が協働しています。情報共有、意見発信においてはMicrosoft「Teams」の活用が進んでおり、職種・世代を超えた円滑なコミュニケーションを促進しています。

多職種合同での新採用者研修

#多職種での新採用者オリエンテーション
チーム医療の現場と同様に医師を含め、全職種が参加し、様々なキャリア・職種が入り混じった『横断的研修』を取り入れています。グループワークに取り組むなかで、職種にしばられず自由な意見交換が行われ、多職種協働の第一歩を踏み出します。

福利厚生が充実

#図書室 #職員専用Cafe #ワークライフバランス
職員専用フロアには、医学図書エリア・スタッフ交流エリア・会議室(16室)などを設けています。医学図書エリアは外部と防音壁で隔たれており、静かな環境で集中して学べます。スタッフ交流エリアには、新聞7紙と趣味・娯楽等の一般雑誌を配架し、職員専用カフェも併設しています。

病院らしくない病院

#アートめぐり #大温室 #赤い屋根
当院には、創立時から緑と光のあふれる温室がありました。最新・最高の医療を求めただけでなく、「病院くさくない明るい病院」という理念をもって患者さんの療養環境に配慮しました。その想いは建築の理念に今も引き継がれており、院内には画家 児島虎次郎が集めた複製画や民芸作家の手による陶板や染め絵、ステンドグラスやフレスコ画などが随所にあります。

地域を支える病院、という誇り

#高度医療 #専門医が多い #新しい技術 #世界標準
当院は41の診療科があり、初期臨床研修医を含め500名を超える医師が在籍しています。救命救急センター(三次救急)の指定を受けており、救急車で搬送される方や、緊急入院、緊急手術などが必要な方が多数来院されます。救急車の受け入れは10,708件(2019年度実績)、手術件数は12,498件(2019年度実績)にのぼります。

歴史・創立者の理念を継承

#大原孫三郎 #病院の理念
「本院は平等主義にして治療本位とす すなわち、完全なる診療と懇切なる看護とにより進歩せる医術に浴せしむることを院是とす」人間愛にもとづいた大原孫三郎の「想い」は、今も建物、設備、そして私たちの心に脈々と受け継がれています。